高濃度ビタミンC点滴を始めました。

2022年07月21日

高濃度ビタミンC点滴は元々はがんの治療を目的として研究が進められていましたが、疲労回復やアンチエイジングの効果が認められ、世界でも広く行われるようになりました。

経口摂取では体内に取り込めない高濃度のビタミンCを、静脈から直接体内に投与可能です。点滴時のビタミンCの血中濃度は、サプリメント内服時の約20~50倍となり、大きな差があります。

期待できる効果は、疲労回復、免疫力の向上、ストレス緩和、肌荒れ対策などです。

1度の点滴で効果を感じる方もいますが、継続することで免疫力・新陳代謝を高め、疲れにくく風邪をひきにくい身体になり、肌荒れ予防にもなります。老若男女問わずお勧めの点滴です。

また、国産のビタミンC製剤はすべて、品質保持のために防腐剤が添加されています。当院では防腐剤不使用のMylan社製を採用し、Mylan社アイルランド工場より直接、温度管理(冷蔵)が徹底された状態で当院に届けられたものを使用しています。

25g以上の高濃度ビタミンC点滴を初めて受けられる方は、事前にG6PD活性の検査が必要です。日本人には稀ですが、G6PD活性が極端に低い方は点滴を行うことが出来ません。検査結果が出るには10日程かかります。過去にG6PD活性を検査している場合は、検査結果の用紙(写真やコピーでも可)をお持ちください。

料金(自費診療)

12,5g点滴 ¥7,700 (税込)

25g点滴 ¥11,000 (税込)

G6PD活性検査 ¥7,700 (税込)

初回検査(G6PD)と 12,5g点滴 を同日に受ける場合、初回検査代を¥6,600(税込)とさせていただきます。
 

詳細は医師やスタッフ、受付までお気軽にお問合せください。